Sorry

This page is not valid in your language.
Please change your location to see the article.

Don’t cry for me

2021年 1月 3日

シンプルな食材であるタマネギは、世界中の料理の要であり、何千年にもわたって貴重な食材として重宝されてきました。ネギ属に分類されるこのおなじみの食材は、独自の風味と食感によって無数のレシピを生み出すことができます。タマネギは歴史上最も古くから栽培されている野菜でありアジアが発祥と言われているため、今回シェフたちがインドに集まることになったのです。 

ピンクシティーの郷土料理

ピンクシティーと呼ばれるジャイプルは過去と現在が共存する不思議な街。ブルーサファイア色の空から、朝日が降り注ぎます。この摩訶不思議な場所では、インドの民族音楽がどこからともなく流れ、スクーターが埃の舞う道をクラクションを鳴らしながら猛スピードで走り抜けます。

ピンクシティーと呼ばれるジャイプルは過去と現在が共存する不思議な街。ブルーサファイア色の空から、朝日が降り注ぎます。この摩訶不思議な場所では、インドの民族音楽がどこからともなく流れ、スクーターが埃の舞う道をクラクションを鳴らしながら猛スピードで走り抜けます。

聞き取ることができないほどの大きな声で呼び込みをする行商人たちと、鮮やかなサリーを身にまとった女性たちがやり取りしている様子も垣間見られます。旅の一行は、インドの魅力的な魔力にすぐに虜になりました。

聞き取ることができないほどの大きな声で呼び込みをする行商人たちと、鮮やかなサリーを身にまとった女性たちがやり取りしている様子も垣間見られます。旅の一行は、インドの魅力的な魔力にすぐに虜になりました。

香り豊かなマリーゴールドの首飾り、到着の日の晩餐で味わったラジャスタンの郷土料理、ガッタ・キ・サブジやラール・マスなど、ジャイプルには今も伝統が色濃く残ることを理解するのに時間はかかりませんでした。

香り豊かなマリーゴールドの首飾り、到着の日の晩餐で味わったラジャスタンの郷土料理、ガッタ・キ・サブジやラール・マスなど、ジャイプルには今も伝統が色濃く残ることを理解するのに時間はかかりませんでした。

王族一族ゆかりの地であるジャイプルでは、タマネギは、屋台のカレーから最高級のインド料理にいたるまで、あらゆる種類の地元料理の要の食材となっています。熱烈な美食家でもあるカリアン・ カルマカル氏に案内され、シェフたちはジャイプルの食文化を堪能しました。  

王族一族ゆかりの地であるジャイプルでは、タマネギは、屋台のカレーから最高級のインド料理にいたるまで、あらゆる種類の地元料理の要の食材となっています。熱烈な美食家でもあるカリアン・ カルマカル氏に案内され、シェフたちはジャイプルの食文化を堪能しました。  

icons/arrow Created with Sketch.
icons/arrow Created with Sketch.

地元の人々の目線を通して
カリアンのアドバイスに従って、シェフたちは、街の鼓動を感じる中心地、シティ・パレスの庭園そばの屋台街からグルメの旅を開始しました。まず訪れたのは、62歳の男性、ハヌマン氏が店主を務める シラーム・ダール・フライという店。名物である伝統料理、タマネギのカチョリと呼ばれる揚げたスナックと、タマネギで味付けしたレンズ豆のフライを味わいました。シェフたちは、インド人が日常的に食べる料理の新鮮さと素朴さに感激していました。
市場の思い出
味覚から食感まで、この旅の次の目的地は、ジャイプルの食文化を支える重要な貯蔵庫である市場です。
シェフたちがタマネギの貯蔵庫へ近づくと、独特の強い香りが漂ってきました。無数の手縫い袋に入れられたタマネギの重さを量り、 次々にトラックに積まれていく光景に、シェフたちは驚きを隠せない様子でした。下町の市場で、様々な色の野菜が詰められた無数の木箱や袋が、狭い路地のオートバイの脇に積み上げられていました。
ジーンズにポロシャツを着たインド人の商人が頭の上にいくつもの荷物を積み、バランスを取りながら積み上げられた根菜の山を避け、道を通り抜けます。

ハベリでピクニック

冒険の次の目的地も素敵な場所でした。タマネギの香りを手に残しながら、シェフたち、そしてジュリーとエリックは、ハベリと呼ばれる歴史的なインドの建物を訪れ、一緒に昼食の時間を過ごしました。

冒険の次の目的地も素敵な場所でした。タマネギの香りを手に残しながら、シェフたち、そしてジュリーとエリックは、ハベリと呼ばれる歴史的なインドの建物を訪れ、一緒に昼食の時間を過ごしました。

屋上にピクニックテーブルを置き、インド人が弁当箱として使用するティフィンと呼ばれる昔ながらの容器に入れられた昼食をいただきました。

屋上にピクニックテーブルを置き、インド人が弁当箱として使用するティフィンと呼ばれる昔ながらの容器に入れられた昼食をいただきました。

様々なカレーを楽しむ中、ちょうどインターナショナル・カイト・フェスティバルが開催されており、テラスの上空には何十もの凧が風に漂っていました。ランチの後は、のんびりと楽しく時間を過ごしました。たとえ凧が風を捉えることができず、ただ空に漂っているだけでも、その風景を眺めるだけで、それはとても心地良い時間となりました。

様々なカレーを楽しむ中、ちょうどインターナショナル・カイト・フェスティバルが開催されており、テラスの上空には何十もの凧が風に漂っていました。ランチの後は、のんびりと楽しく時間を過ごしました。たとえ凧が風を捉えることができず、ただ空に漂っているだけでも、その風景を眺めるだけで、それはとても心地良い時間となりました。

icons/arrow Created with Sketch.
icons/arrow Created with Sketch.

初めて共に訪れる異国情緒漂うこの地で、食のプロとして情熱を持つ者同士が一体となるのを感じ、同時にクリュッグへの感謝の気持ちでいっぱいになりました。

ジュリー・カヴィル
クリュッグ最高醸造責任者

初めて共に訪れる異国情緒漂うこの地で、食のプロとして情熱を持つ者同士が一体となるのを感じ、同時にクリュッグへの感謝の気持ちでいっぱいになりました。

ジュリー・カヴィル
クリュッグ最高醸造責任者
遠くて近い場所
翌日は前日とはがらりと変わり、タマネギが育てられている農地を見学し、この地域の静かな一面を体験しました。サモード村へ到着すると、80人の親族とこの地域一帯で農業を営むヤダブ兄弟の一人がシェフたちを出迎えました。 季節の野菜だけを作るというサモードの農地には、タマネギの栽培だけではなく、ここで働く人々の友情も根付いていることを感じさせました。タマネギ畑に着くとすぐに、3人の女性たちが用意した炭火で焼いたタマネギを、野外でいただきました。言うまでもなく、この手作りの料理はこの旅のハイライトの一つとなりました。彼らはなぜラジャスタンがホスピタリティにあふれた食の地として知られているかをすぐに理解することができました。
krug onion
料理のプロとして

慣れない異国の環境にあっても、慣れ親しんだキッチンの前では、国や文化の違いに関係なく、反射的に彼らのプロ意識が呼び起こされます。

それぞれのシェフには料理へ臨むそれぞれのプロセスがあります。木村泉美シェフは、下駄を履いて料理に臨みます。アンガス・マッキントッシュ シェフは、100年以上の伝統を持つ日本の芸術である金継ぎの技法を用いて、チャイブの色素で、対照的な金色の皿に「Krug(クリュッグ)」とまず描いてから料理を始めました。神田裕行シェフは和食の職人の帽子と白衣を着用します。プロのシェフたちが、食材を切り、調理し、盛り付けをする時、並外れた魔術のような専門技術が披露されました。

創作的な一皿を作り上げる時の彼らの集中力を目の前にし、料理とクリュッグのシャンパーニュの醸造には共通性があると感じました。料理もシャンパーニュも、最大の味覚と芳香を引き出すために、それぞれの材料を芸術的に組み合わせる必要があります

 

– エリック・ルベル 

元クリュッグ最高醸造責任者 & 現クリュッグ副代表

創作的な一皿を作り上げる時の彼らの集中力を目の前にし、料理とクリュッグのシャンパーニュの醸造には共通性があると感じました。料理もシャンパーニュも、最大の味覚と芳香を引き出すために、それぞれの材料を芸術的に組み合わせる必要があります

 

– エリック・ルベル 

元クリュッグ最高醸造責任者 & 現クリュッグ副代表

鮮やかな旅の終わり
太陽が沈み、この冒険の旅が終わりに近づく頃、仲間たちとの別れのための、この場にふさわしい儀式を行いました。一行は、溢れる色のインドの祭りを祝って、この楽しい旅を締めくくりました。春の訪れと善が悪に勝利したことを祝うホーリーは多くの神話に基づく祭りです。 1年のこの時期、色の付いた粉を人々は通りで塗り合います。信仰に関わらずこの祭りによって人々は一体となり、クリュッグのボトルを分かち合う時と同じように共通の体験を楽しみます。

クリュッグの醸造責任者とシェフは職人としての心を共有することで固く結びついています。クリュッグのサヴォアフェールを称えるため、 毎年メゾンに皆が集うのもそのためです。クリュッグのシャンパーニュを作り出すブドウ畑の区画や美味しいタマネギといった、ひとつの素材を求めて大地と向き合い続けるワインの生産者やタマネギの農家、それをもとに素晴らしい11のレシピを作り出したクリュッグ アンバサダーシェフに賛辞を贈りたいと思います。

 

11のレシピを見る

Krug Grande Cuvée
Krug Grande Cuvée
Composed by
Selected by