Sorry

This page is not valid in your language.
Please change your location to see the article.
logo-sakamoto

Krug & Ryuichi Sakamoto logo

         アーティスト、作曲家、ミュージシャンとして活躍する坂本龍一は、長年のクリュックラヴァーでもあります。この度、クリュッグ メゾンのための曲が制作され、2008年ヴィンテージの3種のクリュッグ シャンパーニュが坂本の視点で綴られました。2019年にスタートした音楽をめぐるこの旅は「Suite for Krug in 2008」と題され、卓越した年に造られた3つのシャンパーニュ(クリュッグ クロ・デュ・メニル 2008、クリュッグ 2008、そしてクリュッグ グランド・キュヴェ 164エディション)にインスピレーションを得て作曲された組曲です。

Ryuichi Sakamoto

1. 音楽をめぐる旅

Ryuichi Sakamoto

クリュッグでは、長年にわたって味覚がもたらす音に着目してきました。クリュッグ メゾンは、音楽がシャンパーニュの新たな感覚や思ってもみなかった側面を引き出すのだと確信しています。そこでフードペアリングの考え方をもとに、その音楽版ともいうべきミュージックペアリングで、新たなクリュッグ シャンパーニュの味わい方を提案します。 

クリュッグと、これまでに数々の世界的な音楽賞を受賞してきた日本人アーティスト坂本龍一は2019年に初めて出会いました。クリュッグのシャンパーニュからインスピレーションを得て組曲が作られることにったのです。
 

Seeing Sound, Hearing Krug

半世紀にわたり音楽とアートの最前線で活躍し続ける坂本龍一は、イメージや感情を音楽で自在に表現します。米国アカデミー賞を受賞した映画「ラスト エンペラー」 (1987年) や、「レヴェナント 」(2015年) のサウンドトラックも手がけました。

そして、2020年から18か月に渡り、坂本はクリュッグ シャンパーニュを味わい、またクリュッグ セラーマスターのジュリー・カヴィルとのコミュニケーションを続けてきました。坂本が絶大な信頼を置くチームがランスを訪れ、ブドウ畑からセラーに至るまでクリュッグのさまざまなサウンドを録音し、 卓越した仕上がりの2008 年度の3種のシャンパーニュ、クリュッグ クロ・デュ・メニル 2008、クリュッグ 2008、そしてクリュッグ グランド・キュヴェ 164エディション、について知己を得たのです。このシャンパーニュのトリオは、クリュッグ「ソロイストからオーケストラへ 2008年」と呼ばれるようになりました。

坂本はテイスティングした際に感じられた印象をもとに、3楽章形式の組曲「Suite for Krug in 2008」を創り上げました。
 

Ryuichi Sakamoto composing

2. 組曲

                坂本龍一は、同じ年に生まれた3つのシャンパーニュ、それぞれを1楽章として表現し、3楽章からなる組曲を制作しました。

クリュッグ クロ・デュ・メニル 2008

第1楽章はソロとして、クリュッグ クロ・デュ・メニル 2008のピュアで精巧な味わいを表現しています。

クリュッグ 2008

続く第2楽章では、クリュッグ 2008を小編成のアンサンブルが2008年の物語を繰り広げます。

クリュッグ グランド・キュヴェ 164エディション

最後の第3楽章では、クリュッグ グランド・キュヴェ 164エディションが雄大なフルオーケストラの旋律が奏でられます。

Ryuichi Sakamoto recording

「Suite for Krug in 2008」 を視聴する

3. シャンパーニュ

Krug from Soloist to Orchestra in 2008

                  「Krug from Soloist to Orchestra in 2008」を通じて、シャンパーニュ地方の類まれな年に生まれた3種のシャンパーニュの世界を楽しんでいただくことができます。

2008年は稀に見る年でした。10年間で最も涼しい年となった2008年のおだやかな気候を受け、ブドウはストレスにさらされずゆっくりと着実に成熟し、収穫の際には申し分のない素晴らしい状態になっていました。 

クリュッグのテイスティング委員会により各ワインが試飲され、150 のリザーブ ワインに加えて250近くにのぼる候補者を迎えた「ミュージシャン」のオーディションが行われました。(私たちはシャンパーニュ製作の過程を音楽制作に模して表現してきました)

クリュッグ セラーマスターの匠の技により3種の特別なシャンパーニュが生み出され、それらが坂本龍一による「Suite for Krug in 2008」のインスピレーションになったのです。

クリュッグ クロ・デュ・メニル 2008

2008年度の収穫後に行われたテイスティングにおいて、クリュッグ テイスティング委員会は、クロ・デュ・メニルの畑で収穫された卓越したソロイストであるシャルドネと出会います。 

  「瞬時に、このシャンパーニュが並外れたポテンシャルを秘めていることがわかりました。クリュッグ クロ・デュ・メニル 2008 は、エレガンス、持続性、際立つ個性、そして繊細に構成された輪郭を持っていました。絹のようになめらかな魅惑の口あたりです。」– クリュッグ最高醸造責任者 ジュリー・カヴィル

単一区画で栽培された単一品種のみを使用したクリュッグ クロ・デュ ・メニル 2008のピュアで精緻な味わいが、坂本龍一の交響曲第1楽章を彩ります。

「純粋で、単一区画から造られたこのシャンパーニュのために、主旋律であるテーマのアレンジは最小限に抑えました。”Less is more”
― この最小フォルムは、クロ・デュ・メニル 2008の離散的、新鮮で想像をかき立てられる感覚を表すものです。」-  坂本龍一

 

クリュッグ クロ・デュ・メニル 2008について
Krug Clos du Mesnil 2008

クリュッグ 2008

クリュッグ 2008は、メゾンのテイスティング委員会に「Classic Beauty(時を越えた美しさ)」と言わしめたフレッシュで均衡のとれた出来を誇り、エレガントできわめて印象的なシャンパーニュに仕上がっています。 

[2008年は、均衡のとれたフレッシュな味わいが際立った、風味豊かなクリュッグ シャンパーニュの年となりました。クリュッグ 2008は、力強さとエレガンスを兼ね備え、2008年のワイン特有のしっかりしたストラクチャーと際立つ口当たりを持ち合わせています。ユニークに洗練された華々しさと品質の良さが巧みに融合されたシャンパーニュです]。– クリュッグ セラーマスター ジュリー・カヴィル

クリュッグ 2008の時を越えた上品さは、坂本による組曲の第 2 楽章に巧みに表現されています。

「シャンパーニュ地方のその年を物語る小編成のアンサンブルです。このバランスのとれた気品のあるシャンパーニュのために、主にバイオリン、チェロ、その他の弦楽器のアンサンブルを選びましたが、深みあるサウンドのために木管楽器やパーカッションも加えました」-  坂本龍一

 

クリュッグ2008について
Krug 2008

クリュッグ グランド・キュヴェ 164エディション

クリュッグ グランド・キュヴェの各エディションを製作するために、クリュッグのテイスティング委員会によって400近くのワインがオーディションされ、見事な調和でシンフォニーを奏でる「ミュージシャン」が選抜されました。クリュッグ グランド・キュヴェ 164エディションは、シャンパーニュ特有のもっとも豊かな表現を追い求めた164回目の夢の再現となり

「このシャンパーニュには、11のさまざまな年から選ばれた127種のワインがブレンドされ、最も古いワインは1990年にさかのぼり、最も若いワインは2008年に至ります。さまざまな年度からこれほど多くのワインをブレンドすることによって、単一年では不可能な豊かな味わいとアロマが生み出されます。」– クリュッグ セラーマスター ジュリー・カヴィル

最終章となる第3楽章では、雄大なクリュッグ グランド・キュヴェ 164エディションを主題にしたフルオーケストラの旋律が繰り広げられます。

「インストルメンタルと電子的な音楽による複数のサウンドからハーモニーを探し求めました。クリュッグ グランド・キュヴェ 164エディションの風味とアロマの豊かさは、誰もがその中に自分を関連づけて感動させる何かを見つけることを示しています。それぞれの経験は唯一無二なものです。この第3楽章は同じように、聴く人それぞれが違う何かを感じてくださることでしょう。」-  坂本龍一

 

クリュッグ グランド・キュヴェ 164エディションについて
Krug Grande Cuvée 164ème Édition

4. The Live
                 Event

                  On 20 September, Krug and Ryuichi Sakamoto hosted an unforgettable experience called Seeing Sound, Hearing Krug in New York. Guests were enthralled by a multisensory immersion, with a live orchestra of 36 musicians selected by Ryuichi Sakamoto and his long-time Concertmaster, merged with 3D music technology. The musical composition was accompanied by a mesmerising light design.

Krug Grande Cuvée
Krug Grande Cuvée
 
Selected by