fbpx ジェームズ・ウォン | Krug

ジェームズ・ウォン

アンファンクアラルンプール、マレーシア
icons/arrow Created with Sketch.
icons/arrow Created with Sketch.

料理という芸術は私にとって人生、趣味、言語、そして文化的なアイデンティティなのです。

ご自身にとって料理とは?

料理とは、想いや感情を表現する手段であり、生い立ちや言語にとらわれることなく誠意、情熱、体験を伝える方法です。料理という芸術は私にとって人生、趣味、言語、そして文化的なアイデンティティなのです。

ご自身にとって料理とは?

料理とは、想いや感情を表現する手段であり、生い立ちや言語にとらわれることなく誠意、情熱、体験を伝える方法です。料理という芸術は私にとって人生、趣味、言語、そして文化的なアイデンティティなのです。

料理を好きになったきっかけを与えてくれた人は誰ですか?

祖母が午後の紅茶と一緒に何を作ってくれたかが知りたくて、幼い頃、学校から走って帰ったのを覚えています。というのも、祖母はいつも新しいもので私を驚かせてくれましたから。彼女は決して中華料理だけに固執することはありませんでした。祖母はいつも色々な事に挑戦し、すでに味見したレシピを再現、または改良したりしていました。同じことを今、私がしています。
いちばん印象深いとうがらしにまつわる厨房での思い出について教えてください。

子どもの頃から何種類ものソース、発酵食品、カレー、シチューなどを通して様々な形でとうがらしに親しみました。歴史的にもとうがらしは私たちマレーシア人にとって文化の一部であり、欧米に旅行する時も、私達は現地の料理が物足りないのを恐れて、とうがらしを持参します。
初めてクリュッグ シャンパーニュを飲んだ時の思い出をお聞かせください。

料理の道を追求したいと決意した時、その節目を祝って師とクリュッグを味わったのが最初の思い出です。ほろ苦い思い出でもあります。なぜなら、当時は素晴らしいチームと離れるのが名残惜しく、退職は簡単ではありませんでしたから。それ以来、私にとってクリュッグは大切な時間と深く関わりのある存在です。それは大事な記憶として永遠に残るものですから。
クリュッグとペアリングした料理を作るとしたら、誰に作りたいですか?

今は亡き父です。彼は食べることが大好きだったので、客家人のつつしみ深い料理を世界のガストロノミーの舞台にふさわしいものへと昇華させる私の旅を一緒に愉しんでくれると思います。

との話 ジェームズ・ウォン

ALL KRUG Chefs

icons/arrow Created with Sketch.
icons/arrow Created with Sketch.
Krug Grande Cuvée — Grand Soleil
00:13