fbpx 須賀洋介 | Krug

Sorry

This page is not valid in your langage.
Please change your location to see the article.

須賀洋介

スガラボ、東京、日本
icons/arrow Created with Sketch.
icons/arrow Created with Sketch.

ご自身にとって料理とは?

料理とは自己表現方法であり、自分と身の回りの環境を整える手段です。私は、祖父と父が料理人という、料理が身近な環境で育ちました。将来の仕事について考え始めた頃には、当然のように料理が自分の存在意義になる、と思っていました。

ご自身にとって料理とは?

料理とは自己表現方法であり、自分と身の回りの環境を整える手段です。私は、祖父と父が料理人という、料理が身近な環境で育ちました。将来の仕事について考え始めた頃には、当然のように料理が自分の存在意義になる、と思っていました。

菅洋介との議論

料理とは自己表現方法であり、自分と身の回りの環境を整える手段です。
いちばん印象深いとうがらしにまつわる厨房での思い出について教えてください。
まだジョエル・ロブション氏のもとで働いていた頃、彼とスペインで休暇を過ごした時に、Pimientos del Padrón(パドロンという、とうがらしを使ったタパス)を一緒に食べたのが良い思い出。Pimientos del Padrónはロブションさんのお気に入りでした。フランスがパドロンの輸入を始めるや否や、私たちもレストランで使用し始めました。
ご自身の文化圏におけるとうがらしと関わりの深いエピソードを教えてください。
とうがらしが日本に普及したのは、明治時代(1870年代頃)だと聞いています。明治時代は、私たちが知るところの今の日本が形成される上で重要な移行期でした。
クリュッグとペアリングした料理を作るとしたら、誰に作りたいですか?
2018年に亡くなった最愛の師、ジョエル・ロブション氏のために作りたいです。ロブション氏のためにこの一品を作れたら良かったでしょうね。彼はししとうが大好きで、来日すると必ず食べるほどでした。彼との思い出がよみがえります。
クリュッグ グランド・キュヴェ、またはクリュッグ・ロゼにまつわる思い出深い体験をお聞かせください。
クリュッグという企業とその環境がクリュッグのテイスティング体験に大きな影響を与えていると思います。2018年にスペインのセビリアで開催された、世界中のクリュッグ アンバサダーのシェフたちを集めた旅での乾杯は忘れられない思い出です。クリュッグ ファミリーの一員として、クリュッグ シャンパーニュにまつわる美味でインスピレーションに満ちた食体験を共有できることを誇りに思います。

Tous les Chefs KRUG

Chef

Olivier Deboise Méndez

La Table Krug、メキシコシティ
詳しく見る
Chef

Kazutoshi Narita

東京、日本
詳しく見る
Chef

Jorge Martin Del Cañizo

ダニ・ガルシア・レストラン、スペイン
詳しく見る
icons/arrow Created with Sketch.
icons/arrow Created with Sketch.
Krug Grande Cuvée
Krug Grande Cuvée
Composed by
Selected by