fbpx ジュリアン・ルフェーヴル | Krug

Sorry

This page is not valid in your langage.
Please change your location to see the article.

ジュリアン・ルフェーヴル

コルデイヤン・バージュ、ポイヤック、フランス
icons/arrow Created with Sketch.
icons/arrow Created with Sketch.

ご自身にとって料理とは?

料理とは何よりもまず、想いを分かち合うことだと思います。私は料理を通して物語を綴り、お客様を旅へと誘うことが好きです。可能な限り地元の生産者が提供してくれる旬の素材や、梱包材が少ないものを使い、厨房でも環境のことを気にかけています。

ご自身にとって料理とは?

料理とは何よりもまず、想いを分かち合うことだと思います。私は料理を通して物語を綴り、お客様を旅へと誘うことが好きです。可能な限り地元の生産者が提供してくれる旬の素材や、梱包材が少ないものを使い、厨房でも環境のことを気にかけています。

との話 ジュリアン・ルフェーヴル

私と料理を通って物語を綴り、お客様を旅へと誘うことが好きです。
以前から好んで料理にとうがらしを使っていたのでしょうか?
子どもの頃にフランス、バスク地方にあるエスプレットという村を訪れました。そこは、エスプレットという有名なとうがらしの産地なのですが、それ以来この素材を愛用し続けています。とうがらしを使う時は、その香りをしっかりと理解していないといけません。とうがらしという素材に関していうなら、辛さの許容範囲や好みはそれぞれ異なりますから。
クリュッグとペアリングした料理を作るとしたら、誰に作りたいですか?
フランス料理の父である、オーギュスト・エスコフィエ氏です。良質なフランスのガストロノミーとクリュッグの洗練さを組み合わせることで生まれる魔法を見せたいです。
クリュッグ グランド・キュヴェ、またはクリュッグ・ロゼにまつわる思い出深い体験をお聞かせください。
昨年、2018年のフランスでのクリュッグ エンカウンターの時に、ボルドーでポイヤックの河口域にある「カルレ」という伝統的な釣り小屋でイベントを開催しました。お客様は釣りや、オリヴィエ・クリュッグ氏とのクリュッグュのテイスティングを愉しんだ後、私のレストランで魚料理からインスピレーションを得た5品のコースディナーを共にしました。とうがらしというたった一つの素材に焦点を当てることにとても興味があったので、とうがらしをテーマにした今回の冒険にも是非とも参加したい、と思っていました。
初めてクリュッグ シャンパーニュを飲んだ時の思い出をお聞かせください。
家族とクリスマスを過ごしていた時、自分のレシピとクリュッグ ロゼを組み合わせてみよう、と思ったのです。初めて味見をした時、シャンパーニュにはクリスマスと同じくらい眩しくてキラキラした魅力があると実感しました。

クリュッグの Chefs

icons/arrow Created with Sketch.
icons/arrow Created with Sketch.
Krug Grande Cuvée
Krug Grande Cuvée
Composed by
Selected by