fbpx キャシディー・ダブニー | Krug

Sorry

This page is not valid in your langage.
Please change your location to see the article.

キャシディー・ダブニー

ワランド、テネシー州、米国
icons/arrow Created with Sketch.
icons/arrow Created with Sketch.

ご自身にとって料理とは?

食に対する情熱を他の人々と分かち合うことです。私のレストランを訪れたお客様は、敷地内にある私たちの自家菜園を散策できます。何かを味わい、それがどこから来たかを見ることで、その素材とのつながりを実感できると思います。

ご自身にとって料理とは?

食に対する情熱を他の人々と分かち合うことです。私のレストランを訪れたお客様は、敷地内にある私たちの自家菜園を散策できます。何かを味わい、それがどこから来たかを見ることで、その素材とのつながりを実感できると思います。

との話 キャシディー・ダブニー

身がどこであれ、全てのお客様に同じ一体感を味わってほしいと思っています。
料理を好きになったきっかけを与えてくれた人は誰ですか?
シェフのサム・ビル氏です。彼はおもてなしに対して限りない情熱を注いでいました。ビル氏はお客様全員を暖かく迎え、私たちのホテル・レストランの一員として歓迎しました。それは私に大きな影響を与えました。なぜなら、私などはクリュッグを飲み、このような場所にいられるような経歴の持ち主ではありませんから。出身がどこであれ、全てのお客様に同じ一体感を味わってほしいと思っています。
以前から好んで料理にとうがらしを使っていたのでしょうか?
はい。菜園のある環境で育ったので、とうがらしは我が家では大切な素材でした。お気に入りはアレッポとうがらしです。なぜなら、辛さの度合いがちょうど良いだけでなく、塩をかけて直火で炙るだけでも十分に美味しいから。今、アレッポとうがらしでを使った大プロジェクトにちょうど取り組んでいるところです。
初めてクリュッグ シャンパーニュを飲んだ時の思い出をお聞かせください。
初めてクリュッグ グランド・キュヴェを味わった時にその濃密さに圧倒されたのを覚えています。クリュッグのように、私も最高の素材を忘れられない食体験にするために働いています。私たちの菜園で採れるとうがらしとクリュッグのブドウ……これ以上の組み合わせはありません。
クリュッグとペアリングした料理を作るとしたら、誰に作りたいですか?
バラク、ミシェル・オバマ夫妻です。彼らはとても興味深い人々です。元大統領が生まれたハワイはもちろん、私は米国中で暮らし、働いてきました。だからこそ、ポリネシアの影響を受けた素材を使いアロハスピリッツをも感じることができるペアリングが想像できるのです。

Tous les Chefs KRUG

icons/arrow Created with Sketch.
icons/arrow Created with Sketch.
Krug Grande Cuvée
Krug Grande Cuvée
Composed by
Selected by