fbpx Purnells | Krug

Purnells

イギリス
icons/arrow Created with Sketch.
icons/arrow Created with Sketch.

2011年からイギリス初のクリュッグ アンバサダーを務めています。PURNELL'Sの哲学の中心にはクラフツマンシップがあり、クリュッグと同じ理念を共有しています。私はこれまでに新聞などの記事に寄稿する際にクリュッグへの愛を語ってきました。レストランでも私のクリュッグに対する愛情をお客様に示すことができています。私たちの料理は、魅力的、革新的、そして創造的です。

 

友人、家族、同僚、そして、ゲストと魅力的な瞬間をシェアするのが好きです。
ご自身について:
レストランのマネージャーとして、すべきことを毎日こなしています。お客様に限りなく最高の経験をしていただけるよう従業員を管理しなければなりません。ミシュランの星を獲得しているレストランですから、料理だけでなく、全てのことにおいてお客様の期待が高いのです。また、シェフが作る料理にどのワインが合うかも吟味します。
インスピレーションの源:
インスピレーションはどこにでもあります。他の人から学んだり、判断ミスや失敗から学ぶこともあります。失敗を認め、そこから学ぶことはとても重要です。散歩中だったり、テレビを見ている時だったり、様々なことにおける良いこと悪いこと、仕事中の同僚の振る舞いにもとてもインスパイアされますし、やる気につながります。
究極の夢の料理:
母が作るインド料理には目がありません。子羊のカレーがおいしいです。でも、私の夢の料理のラインナップには、チリイカのガーリックマヨネーズ添えが入ります。ローストされたものが好きです。ローストビーフ、ローストポーク、クリスピーローストポテト付きのヨークシャープディングはどれも最高です。チーズも大好きなので、ブリー・ド・モー、リヴァロ、コンテ、モルビエがあるのもいいですね。フルーツのデザートにはそれほど思い入れはないのですが、アップルクランブルのクランブルだけを食べるのが大好きなんです!果物抜きで!私は幸運にも多くの高級レストランで食事をしてきました。同じ食材でもシェフによって様々な料理が作られるのは素晴らしいことですね。
夢のディナーを共にしたい人:
アーセナルの伝説的サッカー選手、ティエリ・アンリです(もちろん、私はアーセナルのサポーターです)。自由と闘ったマハトマ・ガンディーにも、その生き方や直面した出来事にどう対処してきたかを聞きたいですね。あとはホーマー・シンプソンかな。架空のキャラクターで最も賢い人物じゃないでしょうか。ビヨンセ… もちろんですよ!
人生の最も重要な教訓:
まだ30歳なので、人生に何を学んだかを言うのは難しいですね。個人を敬うことの重要さは教えられました。失敗から学ぶことも。最近パリへ行って分かったことがあります。全ては、クリュッグ グランド・キュヴェのように、同じやり方で成し遂げられるし再現できるけれど、決して同じにはならないのです。レストラン産業も同じことが言えます。毎日が新しい日なのです。それが私たちの仕事がとてもやりがいのある興味深いものである由縁です。
クリュッグと合わせるお気に入りの料理:
クリュッグ グランド・キュヴェには、ピスタチオと砂糖漬けの果物の皮を使ったレモン・メレンゲ・パイを合わせます。皮の新鮮さ、ピスタチオの香ばしさ、お菓子の香りがシャンパーニュと上手にからみます。夏なら、マンゴ-、カリフラワー、コリアンダーを合わせたスパイシーなカレー風味のサーモンとクリュッグ ロゼを組み合わせます。クリュッグには多様性があります。これまでの経験から言ってもクリュッグに合わせられるものは限りなくあって面白いです。これがクリュッグの魅力です。

A talk with Glynn Purnell

ALL KRUG Ambassades

icons/arrow Created with Sketch.
icons/arrow Created with Sketch.
Krug Grande Cuvée — Grand Soleil
00:13